TOP >> 溶連菌とは何ですか?

産後ママの悩み解決します

溶連菌とは何のか?詳しく教えます

溶連菌とは、溶血性連鎖球菌という細菌の略称です。

溶連菌とは、健康な体の中にも住んでいます。

ほとんど悪さをしないものから、病原性の強いものまで、いろいろな種類があります。

よく見られるのはA群β型溶連菌です。

 

 

 

この菌は、無症状の保菌者が一定数います。

しかし、実は病原性も比較的高く、大きな病気の原因になりやすいです。

感染すると、これといった症状が出ないこともあります。

しかし、発熱や咽頭痛など、かぜのような症状が出ることもあります。

のどの発赤が強いこと、最盛期を過ぎたころから、いちごのようなブツブツが舌に出ることがあるのも特徴的です。 

 

 

 

 

溶連菌とは、扁桃腺炎をおこしたり、首のリンパ節が腫れることもあります。

その場合は、軽い発疹が、皮膚の柔らかいところに出ます。

菌の出す毒素が、炎症を起こし、全身の皮膚に広がることがあります。

これをしょう紅熱と言います。

 

 

 

 

ここまで進行してしまった場合、かつては伝染病として、隔離して治療していました。

しかし、現在では抗生剤が発達しているため、しょう紅熱はほとんどみられなくなりました。

だから、隔離して治療する必要性もなくなっています。 

 

 

 

 

問題は、この菌を攻撃しようとして、私たちの体が自分自身を攻撃してしまうという可能性です。

そうなると、リウマチ熱あ腎炎を起こすことがあります。

例は少ないものの、心臓の病気などを引き起こすこともあります。

保菌者であるとわかったら、きちんと治療を受けることが大切です。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史