TOP >> 育児休暇 手当が引き上げられ税金の支払いは、どうなるの?

産後ママの悩み解決します

育児休暇 手当と税金の関係

育児休暇 手当が引き上げられ

税金の支払いも優遇されるようになります。

出産を考えているカップルは、育児休暇 手当アップと

税金控除をぜひ活用していただきたいです。 

 

 

 

給付金のの割合は、平成26年3月まで、50%でした。

しかし平成26年4月からは、67%にまで引き上げられます。

給付割合の引き上げは、休業開始から半年間です。

しかし、夫婦とも取得すれば、1年間分の割り増し給付となります。

ぜひ、妻だけ、夫だけではなく、夫婦そろっての給付を受けたいところです。 

 

 

 

このような優遇が始まったことで、手取り賃金で比べると、

休業前の約8割が支給されるようになります。

これはすごいことです。育児休業前の給与が23万円だったとします。

それには、所得税5,000円、社会保険料30,000円、

雇用保険料1,200円、住民税15,000円がかかっていました。

となると、手取りが178,800円となります。

 

 

 

しかし、育児休業中に給付金を受給すれば、

育児休業給付金として154,100円入ります。

さらに、所得税、社会保険料、雇用保険料がゼロ円になります。

育児休業前には支払わなければいけなかったこれらのお金を、払わなくてもよくなるのです。

税金としては、15,000円の住民税のみ支払となります。

そして、手取りは13,900円となります。

 

 

このように給付金が拡充されたからには、

パパもお休みをとるしかありません。

取得すると、育児を共有できて、家族が安定するというメリットがあります。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史