TOP >> 赤ちゃんの頭の絶壁防止法ってありますか?

産後ママの悩み解決します

赤ちゃんの頭の絶壁防止法は ありますでしょうか?

赤ちゃんの頭の絶壁防止法は? 

というお悩みを持つママは、少なくないでしょう。

やわらかな頭は、すぐに変形してしまいがちです。

 

ご自分でも学校で、よく後頭部が絶壁!...とか

はやしたてられた記憶があるママさんも多いかも^^;

 

そこで、赤ちゃんの頭の絶壁防止法は?

と、治療法を探すママが増えているのです。

そこで、参考となるのが海外の事例です。

かつて欧米では、ベビーは頭の形をよくするために、

うつぶせ寝で寝かせるのが基本でした。

 

 

 

ところが、うつぶせ寝をさせていると、SIDS(乳児突然死症候群)の

危険性が増すとされるようになり、それ以来、

うつぶせ寝はほとんどそれにともない、別の問題も発生するようになります。

以前に比べ、頭の形が丸くない子供が増えてしまったのです。

 

 

 

頭が丸くないという状態は、傾頭症、

あるいはフラットヘッド・シンドロームと言われてます。

そこで、もし子供の頭が丸くなくなっていたら、

積極的に治療する習慣になってきているのです。

日本では、子供の頭が平らになっても、治療しようとする親は少ないです。

しかし、欧米ではその逆です。 

 

 

 

斜頭症の治療では、専用のヘルメットをベビーにかぶせる方法が一般的です。

ヘルメットといっても、バイクに乗るときのようなヘルメットではなく、矯正用のオーダーヘルメットです。

ベビーの頭の形に合わせて、樹脂製の矯正用のヘルメットをオーダーしてつくり、それをかぶせます。

ヘルメットをかぶり続けることにより、だんだんと頭が丸く整っていくと言われています。

大きな変形がみられるときほど、この治療法が効果的とされます。

 




<<ママが育児・家事の合間に自宅で稼ぐネタ特集♪>>

↓↓↓
★一日の中のチョットしたスキマ時間にアルバイト♪
★自分の時間を大切にしたい主婦の方に最適♪

>>>スマホのメールだけでスキマ時間にアルバイトしたいなら

>>>スマホでちょこっとメールするだけ?マジで?

メニュー

美の歴史